calotteがこれまでに制作した作品や、カロト家の日々の一コマを写真で紹介するフォトギャラリーです。
chaju展 5月7日 最終日

chajuさんの展覧会、無事終了しました。

一週間という短い会期でしたが、お時間を見つけてお越し頂いた、たくさんの皆さまありがとうございました。

今回の展示では、「ある文筆家の暮らし。」というテーマのもと、実際に文筆家が生活する住まいをイメージして、暮らしに馴染んだ家具を配して展示するという形をとりました。ギャラリーでの展示とは異なり、実際に椅子に座ったり、庭を眺めながらお茶をしたり、ご来場下さった皆さまがそれぞれにゆっくりとした時間をお楽しみ頂いていました。

製作者の日野くんは毎日会場に滞在していたので、制作の方法や木材の材質、仕様に関して、メンテナンスの事など、一人一人のお客さまに対してすごく丁寧に対応している姿がとても印象に残りました。

そしていよいよ10日からは、二つ目の会場「樹々丸」で、文筆家の暮らしは続きます。
ぜひ、皆さまにご来場頂きある文筆家の暮らしを、そしてchajuさんの美しく作り上げられた家具、樹々丸さんの植物に囲まれた空間や植木を眺めながら、贅沢なひと時を過ごして頂ければ幸いです。
| 催し物のご紹介 | 10:09 | - | -
chaju展 5月6日

今日もたくさんの方々がcalotteで開催中のchaju展にお越し頂きました。

なにかのきっかけでこの展覧会を知って頂き、わざわざ足を運んで頂いた皆さまが木製家具について、そしてカロトの革製品に興味を持って頂ける事をとても嬉しく思います。

calotteでの展示はついに明日が最終日です。
一人でも多くの方に、chajuさんの美しく作り上げられた素敵な木製家具に触れて頂き、贅沢な時をゆったりと過ごして頂ければ幸いです。

明日も皆さまのお越しをお待ちしております。よろしくお願いいたします。
| 催し物のご紹介 | 19:47 | - | -
chaju展 5月5日

「旅する椅子」
以前、製作者のヒノくんの展覧会を拝見しに法然院へ行った時、この椅子の事をそう言っていた。
その時にはその意味を深く考えていなかったのだけれど、今回の展示中ゆっくりと話をする事ができ、この椅子の事を詳しく教えてもらった。

「旅する椅子」彼がそう言って微笑む。
僕は、この椅子「グリフ」がひと際存在感を放つ理由を知った。
| 催し物のご紹介 | 09:01 | - | -
chaju展 5月4日

ある文筆家の暮らし。
今回の展示は、まさにそんなある文筆家が暮らす住まいという設定の通り、日常であって非日常な雰囲気を醸し出しています。
こんな美しい木製家具に囲まれた生活を出来たら、なんて素敵なんだろう。
| 催し物のご紹介 | 12:48 | - | -
chaju展 5月3日

chaju展の3日目。今回の作品展のもうひとつの会場「樹々丸」の桜の植木。
展示の為に用意されたもので、蕾だったものが花を咲かせ、花が散り、今は青々と立派な葉を茂らせています。
緑がある空間、とても癒されます。
| 催し物のご紹介 | 09:52 | - | -
chaju展 5月2日

chajuさんの作品展に続々とお越しになる方々。
みなさんとてもゆっくりとした時間を楽しんで頂けているように思います。
カロトでこういう作品展を催すのは実は初めてです。
人と人の触れ合いが生む、温かくゆったりと流れる時間。
開催して良かったと思います。
| 催し物のご紹介 | 09:32 | - | -
chaju作品展始まりました。

いよいよ今日からchajuさんの作品展が始まりました。

小雨の降る静かな朝。
窓を開け放ち、しっとりとした心地良い空気をたっぷりと感じながら、ついにスタート。
開場後から続々と作品展を楽しみにしていた皆さまがお越しくださり、実際に腰を下ろして作品に触れ、製作者とお話をしながら、ゆっくりとした時間をお楽しみ頂いていました。

今回、カロトレザーハンドメイドで木製家具の展示に至った理由はやはり、ヒノくんの素朴で味わいのある人柄と物作りの確かさだと思います。

僕自身が、ヒノくんのような素敵な物を作る人と出会えた事をとても幸運に思います。
今回の作品展で、ぜひ彼の美しい作品たちに触れて頂いて、手作業で生まれる物の良さや物作りの姿勢に共感して頂ければ幸いです。

そして行く末は、愛着を持って使い続ける事の出来る「chajuの家具」を実際に手にされる方が増えればいいな!と心から思います。

カロトでのchaju作品展は7日(土)まで。皆さまのご来場をお待ちしています。
| 催し物のご紹介 | 21:44 | - | -
| 1/1PAGES |